アルプス電が上昇、スマホ恩恵でタッチパネル回復

 アルプス電気<6770.T>が高い。ここ電子部品業界を取り巻く収益環境はスマートフォン関連需要が牽引し改善傾向を強めている。電子情報技術産業会(JEITA)と情報通信ネットワーク産業協会(CIAJ)が発表した5月の国内メーカーのスマホ出荷台数は前年同月比で74%増という高い伸びを示し、3カ月ぶりのプラスに転じている。同社がスマホ向けに手掛けるタッチパネルなどの需要が伸びているほか、車載用も回復傾向が強まっている。
 また、これまではスマホ需要増勢の陰で低迷していたパソコン向けも、業界関係者の間では9月以降は回復するとの見方が強まっており、追い風は今後一段と強まる方向にある。

アルプスの株価は14時2分現在797円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)