サントリーBFが軟調、上場後初の押し目形成場面へ

 サントリー食品インターナショナル<2587.T>が軟調。同社は7月3日に東証1部に新規上場。公開価格3100円に対し初値は3120円とかろうじて上回ったが、地味なデビューを払拭するように、その後のセカンダリーで出色の上げ足をみせ市場の注目を集めていた。7月4日以降、前日まで6日続伸し、その間の上昇幅は545円、率にして17.3%に達していたが、きょうはこのまま行くと上場後初の押し目形成となる。折からの猛暑も飲料需要拡大の思惑から同社株にはプラスに働いたもようだが、時価はPER31倍で割高感が目立ってきており、買いの矛先も鈍ってきている。

サントリーの株価は14時20分現在3540円(▼150円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)