竹内製が大幅続落、円の高止まりで売り誘う

 竹内製作所<6432.OS>が大幅続落。同社は10日に13年3~5月期の連結業績を発表し、経常利益は前年同期比2.3倍の12億8700万円と大幅増益となったが、皮肉にも翌日11日から値を崩す展開となっている。同社は売り上げの95%を海外輸出で稼ぐ異色の建機メーカーで、それだけに為替感応度が非常に高い。足もと為替市場では1ドル=99円台攻防と円の高値水準でもみ合っており。これを嫌気する売りが優勢となっている。同社の通期想定為替レートは1ドル=90円、1ユーロ=120円と、実勢と比較してまだ余裕があるが、円安トレンドが同社株にとってのプレミアム要因とみられていただけに、足もとの為替動向に疑心暗鬼となっているようだ。

竹内製の株価は14時33分現在2018円(▼126円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)