日本板硝子が大幅高、三菱UFJMSは「アウトパフォーム」に

 日本板硝子<5202.T>が大幅高。株価は一時、前日比12円高の114円まで買われた。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は11日、同社の株価判断を「アウトパフォーム」とし目標株価を140円に置いた。
 同証券では、ガラスセクターでは板ガラスのボトムアウトを指摘。建築用・自動車用板ガラスは、北米や欧州での大幅な供給能力削減により足もとの収益は徐々に改善していると見ているほか、LCD用ガラスの価格下落も緩和すると予想している。このなか、「市況反転期待が持てる板ガラス事業のエクスポージャーが高く、大胆なリストラクチャリングを実施している日本板硝子の収益改善に期待したい」としている。

日本板硝子の株価は14時59分現在112円(△10円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)