タカラバイオが続伸、iPS細胞培養の研究用試薬販売で契約

 タカラバイオ<4974.T>が続伸。バイオ株全般が売りに押される中で上げ幅は限定的ながら、腰の強さをみせている。同社は11日、ニッピが製品化したヒトiPS細胞を培養するための研究用試薬の販売契約を締結したと発表、これが材料視されているようだ。タカラバイオはバイオ関連株の中でiPS細胞分野への展開で一日の長があり、関連最右翼銘柄として市場でも注目度が高い。

タカラバイオの株価は15時現在2470円(△31円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)