週末要因で動きにくい?

週末要因で動きにくい?
今日のドル/円の予想レンジ
98.10 - 99.90

バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の発言を受けて、米量的緩和の早期縮小観測がやや後退した事で、昨日は米株がやや上昇する一方で米長期金利が低下しており、NY市場でのドル/円は方向感に乏しい動きとなった。

本日は週末ということで、方向感は出にくいとみる。市場の関心が米国の雇用やインフレに集まる中、米7月ミシガン大消費者信頼感指数・速報値(22:55)や、ブラード・セントルイス連銀総裁やプロッサー・フィラデルフィア連銀総裁の講演(共に27:45)があるものの、相場を動かす手掛かり材料にはなりにくいだろう。