来週の株式相場見通し=参院選後に期待し上値試す、15日の中国経済指標に注目

B7ff5b32a

 来週(16~19日)の東京株式市場は、日経平均株価1万4500円を巡る攻防から、後半は参院選後の政策期待から上値を試す動きとなりそうだ。想定レンジは1万4300~1万4800円とする。
 3連休明け後の16日に、東証と大証の現物株市場が統合されることで、一段の活性化を期待する声もある。なかでも、従来の重複上場銘柄や旧大証単独上場銘柄の値動きに注目が集まりそうだ。
 市場関係者からは「日経平均株価と円相場の連動性が、5~6月に比べて7月に入ってからは、やや緩やかになった印象を受ける」との声もあり、米景気の回復力の強さが中期的な円安・ドル高進行を示唆しているようだ。また、外国人投資家の日本株買いの姿勢も復活の兆しをみせており、自動車などの主力銘柄を中心に年初来高値にトライする場面もありそうだ。
 日程面では、海の日で休場(15日)、東証と大証が現物株市場を統合(16日)、6月10~11日開催の日銀金融政策決定会合議事要旨(17日)、6月の全国百貨店売上高(18日)、5月の全産業活動指数(19日)に注目。海外では、中国4~6月のGDPをはじめ6月の重要経済指標、米6月の小売売上高(15日)、米6月の消費者物価指数、米6月の鉱工業生産・設備稼働率(16日)、バーナンキFRB議長が議会証言、米6月の住宅着工件数(17日)、G20財務相・中央銀行総裁会議(モスクワ19~20日)が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)