関西電が4日ぶり反発、SMBC日興が目標株価を引き上げ

 関西電力<9503.T>が4日ぶりに反発した。この日は、SMBC日興証券が12日付で投資判断「1」を継続し、目標株価を1600円から2000円に引き上げたことが観測されている。同証券では、従来想定より高浜原発3・4号の再稼働が早期化するとみて、15年3月期の経常利益予想を24億円から879億円へ、16年3月期を同596億円から1450億円へ上方修正しており、16年3月期の同証券予想配当50円(従来40円)に配当利回り2.5%(03年3月~11年3月期までの電力セクターの平均値)を適用して目標株価を算出したとしている。

関西電の株価は11時1分現在1471円(△36円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)