猛暑だと外出したくなくなります。

猛暑関連銘柄
猛暑関連銘柄だと、ビール、アイスクリーム、エアコンなど、夏に売れる商品の関連銘柄が簡単に連想できます。しかし、株式市場では意外な銘柄が猛暑関連で買われることもあります。今回は、猛暑で外出を減らすニーズを満たす銘柄をご紹介いたします。

(2484) 夢の街創造委員会 (東証JQスタンダード)
レンタル大手カルチュア・コンビニエンス・クラブ(CCC)傘下。出前仲介サイト「出前館」を運営。ネットスーパー事業にも注力中

■注目ポイント
これだけ猛暑が続くと、「出来る限り、買い物の外出は避けたい」というニーズが高まります。出前仲介サイトを運営している同社の出番が増えることになりそうです。同社のビジネスモデルは、成功報酬制度なので出前仲介の件数が増加すれば同社も儲かることになります。

また、スマホ経由で検索すると、GPS機能を使って近くの出前可能な店を簡単に検索できます。スマホの普及も同社への追い風となりそうです。

■株式データ

株価 840円(7月12日終値)
単元株数 100株
予想PER(連)65.7
PBR(連) 1.93倍
予想配当利回り 0.48%

■株価の推移
ネット小売関連企業として、4月2日470円から6月14日945円まで急騰した後、調整したもみ合い局面となっています。

*本サイトで紹介する意見や予測は、筆者個人のものであり、所属する証券会社の意見や予測を表わすものではありません。また、紹介する個別銘柄の売買を勧誘・推奨するものではありません。投資にあたっての最終決定はご自身の判断でお願いします。
*正確かつ信頼しうると判断した情報源から入手しておりますが、その正確性または完全性を保証したものではありません。