インテリックスは朝高後利食い売り優勢、前期最終黒字転換を果たし復配

 インテリックス<8940.T>が朝方、前週末比4500円高の6万3000円まで買われる場面があった。12日取引終了後に発表した前13年5月期決算の連結営業利益は前の期比44.0%増の7億6100万円の大幅増益で、経常、最終黒字転換を果たし、期末一括配当は1000円の復配を決めたことが材料視されたもよう。主力の中古マンションが好調で、販売単価も上昇したことから収益が大きく改善した。今後も低金利下で中古マンション販売の好調が続くとみており、今14年5月期も営業利益66.6%増の12億6800万円の大幅増益を見込む。ただ、直近安値からきょうの高値まで上昇率が5割に達し、買い一巡後は利益確定売りが優勢になっている。

インテリックスの株価は11時30分現在5万8500円(△▼0円)