☆ドル/円:「戻り売り」優先な展開に・・・

■【日足ベース展望】(ドル/円)
-----------------------------------------------------

■昨夜の海外タイムは、特に大きな材料があった訳では
ありませんが、一時ドル買いが優勢になる局面がありました。

■日足ベースのテクニカルを確認すると、先週前半までの
「押し目」を拾う展開から、「戻り売り」が優勢な展開へ
と変化しています。

1つの上の時間軸である「週間足」ベースの「MACD」は、
今月初旬から、依然として「下向き」のままです。

この週間足ベースの下降トレンド、そして日足ベースでも
10期間移動平均線を下回って推移している間は、
一時戻ったところから、再び下降に入るタイミングで
「売り」が優勢とみています。

■しかし、現在の10期間の移動平均線が100円10銭レベルです
ので、ここを終値ベースで下回っているという条件です。

仮に、このレベルを上回った場合は傷口を広げてしまう前に
決済をすることも肝心です。