ハークスレイはしっかり、連結子会社ほっかほっか亭が全面勝訴確定へ

 ほっかほっか亭などのフランチャイズを運営するハークスレイ<7561.T>がしっかり。16日午後1時に連結子会社ほっかほっか亭総本部が、ほっともっとや、やよい軒などのフランチャイズを運営するプレナス<9945.T>に全面勝訴したことを発表した。
 本件訴訟は、ほっかほっか亭FCを離脱したプレナスが、総本部に対し、新ブランドでの持ち帰り弁当事業立ち上げに伴う看板などの費用、POSレジスター変更費用などの損害賠償20億1493万968円の支払いを求め、東京地裁に提起したものであった。1審の判決は原告(プレナス)が勝訴して裁判所は5億373万2742円及びこれに対する10年7月25日から支払済みまで年6分の割合による金員を支払うように命じ、これに対し被告(ハークスレイ)が控訴した。これに対して東京高裁は原告の請求を棄却し、被告の全面勝訴が確定した。なお、訴訟費用は全額原告負担となる。

ハークスレイの株価は14時18分現在767円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)