今週は、バーナンキ議長の証言や参議院選挙日を控えて様子見が基本

売買は、現時点で相場が上か下かを確率で考えてみよう
 先週の予測では、21日の参議院選の投票日に向かって戻りを試すものの、目先の上値ポイントは5月29日の戻り高値14512円、61.8%戻しの14595円としました。引線の終値で14329円を上回れば「ろく買」が出現して、さらに上値を試すともしました。
 8日(月)にアジア株安を受けて▼200の14109円と反落したものの、9日(火)は△363の14472円となって「ろく買」が出現しました。戻りを試す形となり、週末12日(金)は△33の14506円と14500円台を回復しました。前週まで4週連続の上昇で上げ幅が約1800円となっており、5月23日の急落からの下げの2/3戻しを達成しました。
 今週は短期の過熱感もあり、参議院の選挙結果をみたいという様子見があるため、下値は堅いものの上値は重い展開が想定されます。61.8%戻しの14595円を超えても14700円水準は目先抵抗ラインとなります。
 3連休明けの16日(火)は、アメリカ株高を受けて△88の14594円で寄り付き14638円まで上昇後、円安一服から上げ幅を縮小する場面もありましたが、△92の14599円で引けました。