◎欧米外為市場サマリー

 16日のニューヨーク外国為替市場の円相場は1ドル=99円09~10銭と前日に比べ70銭強の円高・ドル安。対ユーロでは、1ユーロ=130円42~43銭と同20銭強の円高・ユーロ安だった。 
  この日発表された米・6月消費者物価指数は前月比+0.5%と市場予想(同+0.3%)を上回った。また米・6月鉱工業生産は同+0.3%と市場予想と一致した。これを受け、一時99円台半ばへの円安・ドル高が進んだ。ただ、NYダウが軟調となり、その後は99円台前半で推移した。バーナンキ米連邦準備制度理事会(FRB)議長の議会証言を控え、模様眺め気分も強まったが、ドルは他通貨に対して売り先行となった。
 ユーロは対ドルでは1ユーロ=1.3162~63ドルと前日に比べ 0.0010ドルのユーロ高・ドル安だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)