カイオムが4日続伸、ADLibシステムに関する特許査定受領を好感

 カイオム・バイオサイエンス<4583.T>が4日続伸。16日の取引終了後、同社の基盤技術であるADLibシステムに関して、多様な抗体を持つ細胞ライブラリーを生成させる方法に関する発明(「体細胞相同組換えの誘発方法」)の国内出願について特許査定の通知を受領したと発表したことを好感した買いが入っている。
 今回査定を受領した特許は、独立行政法人理化学研究所と同社が権利者となって特許出願を行ってきたもので、抗体を含む任意の遺伝子の間で相同組み換えを起こさせる技術に関する特許。既に成立している「体細胞相同組み換えの促進方法および特異的抗体を作製する方法」と同様、ヒトADLibシステムの基盤となるもので10年8月10日付で中国でも成立、米国・欧州でも現在審査中としている。

カイオムの株価は9時18分現在4180円(△100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)