エイチームは小動き、今期売上高増額も反応薄

 エイチーム<3662.T>は小動き。16日大引け後に前13年7月期の通期予想を連結売上高で当初計画の98億2400万円から110億円(前期実績63億7900万円)へ増額修正している。エンターテインメント事業で手掛けるスマートフォン向けゲームの売上が計画を上回る水準で推移していることが主な要因。技術者を中心とする人員増加に伴う人件費などから、営業利益では当初計画の18億200万円(同10億7000万円)と利益予想は据え置いていることから株価への影響は限定的となっている。世界で700万を越えるダウンロード数を記録した「ダークサマナー」の世界観を受け継ぐ、Android/iOS向け本格3DダンジョンRPG「ダークラビリンス」を含めて、今後は新作の動向が関心を集めることになりそうだ。

エイチームの株価は9時40分現在3075円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)