<前場の注目銘柄>=TDK、スマホ向け高周波部品好調

 TDK<6762.T>の底入れ波動が鮮明で、追撃買いで対処したい。スマートフォンやタブレットPCの需要増勢が各種電子部品メーカーの受注増加に反映され始めており、特にスマホはドコモがソニー製品に一貫注力の構えをみせるなどで商戦が活発化している。7~9月期は4~6月期と比較して関連各社追い風が強まっている。

 その中、同社の今3月期連結営業利益は前期比39%増の300億円を見込んでいるが、スマートフォン向け高周波部品が大きく伸びており、一段の増額修正が濃厚との見方が市場では強い。

 時価は依然として5月23日の年初来高値4700円から2割も下値に位置しており、出遅れ妙味が大きい。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)