東芝は小動き、SMBC日興証は目標株価を670円に引き上げ

 東芝<6502.T>が小動き。SMBC日興証券は16日付のリポートで投資判断「1」を継続、目標株価を630円から670円に引き上げた。
 リポートによれば「当証券では直近の事業動向及び14年3月期第1四半期決算プレビュー取材などを踏まえ、14年3月期第1四半期・第2四半期予想を開示し、14年3月期通期以降の業績見通しを見直した。14年3月期第1四半期に関して売上高は1兆3600億円(前年同期比7%増)、営業利益は330億円(同2.9倍)、純利益22億円(同143億円改善)を予想。注目事業の動向は、薄型TVの赤字は縮小もPCは前年同期比赤字転換(前四半期比赤字継続)。NAND(メモリー)は好調を持続。社会インフラは、東日本大震災絡みの復旧需要などが寄与し好調だった13年3月期第1四半期対比で大きく悪化とみる。14年3月期通期営業利益は、社会インフラを減額もNANDの上積みが大きく、従来当証券予想比100億円上方修正とした」としている。

東芝の株価は10時25分現在480円(△▼0円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)