スガイ化学が3日続伸、農業関連として評価高まる

 スガイ化学工業<4120.T>が3日続伸、上昇基調を強めてきた。農薬や医薬を含めた各種中間体のファイン・ケミカル専業メーカーで、市場統合により東証2部上場となったこともあり、同社への関心が高まっている。イネのイモチ病や紋枯病、果樹のさび病、野菜類の根こぶ病を予防するための殺菌剤の原体を供給するなど農薬中間体では豊富な実績を誇ることから、15日からマレーシアのコタキナバルでTPP(環太平洋経済連携協定)の第18回交渉会合がスタートしたことに絡んで、日本の農業政策に絡む関連銘柄としても注目される。

スガイ化学の株価は10時50分現在173円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)