<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「売り予想数上昇」4位に東電

 「みんなの株式」が集計する「個人投資家の予想(最新48時間)」の17日午前10時現在で、東京電力<9501.T>が「売り予想数上昇」で4位となっている。

 17日の東京株式市場で、東電の株価は4日ぶりの反落となっている。一時、前日比38円安の730円まで売られている。売買代金は東証1部で断然トップとなっている。
 原発再稼働の可否を判断する新規制基準に基づく安全審査の申請を行った北海電力<9509.T>など4社が16日、第1回の審査会合を開き、各社ともに地震・津波への備えが十分であることや、過酷事故対策の有効性を説明した。これらの動きを反映して、電力各社の原発の再稼働を巡る思惑が強まっているという。
 東電の株価は、7月入りと同時に動意を鮮明にしており、約半月間で500円水準から700円台へと急上昇をみせている。

東電の株価は12時31分現在738円(▼30円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)