ビックカメラが続急伸、通期増額期待で買い加速

 ビックカメラ<3048.T>が続急伸。同社は買収したコジマを連結した効果で売上高が大きく上乗せされているほか、利益も拡大傾向を強めており、足もとの業績改善をより所として短期資金の買いが加速している。同社が11日に発表した12年9月~13年5月期の連結決算は、売上高が前年同期比52.9%増の5993億7500万円、経常利益が同28.9%増の94億600万円と絶好調。買収効果による売上高の伸びもさることながら、利益の伸びが顕著でサプライズを誘った。会社側は13年8月期通期業績見通しについては据え置いているが、猛暑効果も考慮して大幅増額修正が濃厚で、これを先取る買いが株価を押し上げている。

ビックカメラの株価は13時36分現在4万8650円(△950円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)