18日の株式相場見通し=前日の米国株高を受け買い先行

 18日の東京株式市場は、日経平均株価が続伸となりそうだ。バーナンキFRB(米連邦準備理事会)議長の議会証言を受けた前日の米国株上昇を背景に、買いが先行する見通し。17日の米国株式市場は反発。NYダウ平均株価が前日比18ドル高の1万5470ドルとなった。バーナンキ議長は議会証言で、量的金融緩和の縮小について「景気と金融の動向次第」と発言し、従来通りと受けとめられ市場で目立った反応はなかった。外国為替市場では1ドル=99円台半ばでの推移となっている。
 日程面では、6月の全国百貨店売上高、6月の日本製半導体製造装置BBレシオに注目。海外では、米6月のCB景気先行総合指数、米7月のフィラデルフィア連銀製造業景況感指数、北米6月の半導体製造装置BBレシオが焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)