参天薬が4連騰、「サンテPC」人気化期待で年初来高値射程に捉える

 参天製薬<4536.T>が4連騰。株価は一時、前日比130円高の4785円まで買われ、5月8日の年初来高値4990円が射程圏に入ってきた。大証と東証の市場統合により、同社株も東証での単独上場となり、眼科用医薬品トップ企業しての評価が高まっている。7月8日からは、ブルーライトなどの光ダメージに着目した一般用点眼薬「サンテPC」を発売、ブルーライト対応メガネ「JINS PC」が大ヒットしているジェイアイエヌ<3046.T>とはコラボキャンペーンも行なっており、「サンテPC」も人気商品となる期待が高まっている。

参天製薬の株価は9時47分現在4755円(△100円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)