テラプロが急反騰、半導体メーカーの増産投資再開報道を材料視

 テラプローブ<6627.T>が急反騰。きょう付の日本経済新聞で、東芝<6502.T>やエルピーダメモリなど大手半導体メーカーが増産のための投資を再開すると報じられたことを材料視。同社は半導体製造のテスト工程受託を主力とし、エルピーダとの関係が深いことから、事業環境改善期待の買いが入っているようだ。

テラプロの株価は10時44分現在1645円(△144円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)