タカキタが反発、農業関連として再び関心

 タカキタ<6325.T>が反発、上昇基調が継続している。環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の第18回交渉会合が15日からマレーシア東部のコタキナバルで始まっており、政府が重要政策のひとつとして掲げている農業技術輸出と国内農業強化に絡んで井関農機<6310.T>やクボタ<6326.T>、ヤンマーと資本提携し飼料系農機に強みを有している同社も農業関連として再度注目を集めている。

タカキタの株価は11時23分現在243円(△7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)