JACRが高寄り後反落、今12月期第2四半期予想増額も利益確定売り優勢に

 ジェイエイシーリクルートメント<2124.T>が高寄り後反落した。17日大引け後に今13年12月期の第2四半期業績予想を増額修正したが、きょう寄り付きまで4日続伸し、年初来高値4345円に迫ったことで、利益確定売りが優勢になっている。第2四半期は連結売上高で当初計画の34億6300万円から35億4700万円(前年同期実績29億5100万円)、営業利益で7億3200万円から9億5700万円(同6億1800万円)へ増額修正した。中高額帯並びに専門性の高い求人案件への事業シフトが売上増に貢献、5月に予定していた基幹情報システムの導入が延期となったことで、販売費及び一般管理費が低下していることも利益増の要因になっている。

JACRの株価は11時20分現在4065円(▼55円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)