☆ドル/円:99円80銭レベルの攻防も・・・

■【日足ベース展望】(ドル/円)
-----------------------------------------------------

■注目されていたバーナンキ議長の発言を受け、NYダウ、為替市場
も大きな混乱はありませんでした。

ドル/円は、陽線引きとなりましたが、依然としてレンジ内
での動きに終始しています。

■日足ベースのチャートを確認してみると、「三角持合い」を
形成していて、今後「上」「下」どちらかに大きく動く
可能性が高いと思っています。

色々なファンダメンタルズを考慮すると、中期的には
今後「円安/ドル高」の流れは避けれないと考えている
のですが、目先はまだ、「戻り売り」優勢だとみています。

日足ベースの移動平均線(10期間)は、99円80銭レベルで
アジアタイムでもこのレベルを超えられない状態が続いて
います。

■今後、このレベルを超えたとしても、大きくポジションを
傾けるのは未だ早いと思っています。

その理由は、現在の移動平均線(10期間)が未だ下降中
で、これが上向かないと、本格的な「買い」と判断する
のはやや危険だと思っています。

今後、ロンドン、NYタイムにかけて4時間足ベース、
または8時間足のロウソクが99円80銭を超えない
状態で「陰線」確定となった場合、そこから「戻り」を
売っていくことを本日の戦略として考えています。