外為:1ドル100円へ円安進行、ドル買い・円売り強まる

 18日の東京外国為替市場で円相場は、午後1時時点で1ドル=100円02~03銭と前日午後5時時点に比べ34銭の円安・ドル高。12時半以降、円安基調が強まり1ドル=100円に乗せてきた。「前日のバーナンキ発言は金融緩和に前向きなハト派的な内容であり、再度、市場にはドル買い・円売りの動きが出ている」(アナリスト)との見方が浮上している。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)