セブン&アイがしっかり、傘下のイトーヨーカ堂が自社専用農場を拡大

 セブン&アイ・ホールディングス<3382.T>がしっかり。17日に傘下のイトーヨーカ堂が農業事業会社セブンファーム湘南を神奈川県茅ヶ崎市に設立、神奈川県2カ所目の環境循環型農業を開始すると発表したことが材料視された。同社は今年度中に自社専用農場の合計面積を約60ヘクタール規模まで拡大するとしている。さらに18日の日本経済新聞は「15年度までに直営と協力農家を合わせた自社農場を現在の2倍の200ヘクタールに増やす」と報じており、直営農場と同じ栽培基準で育てる協力農家も3年で5割増やし、消費者の安全・安心志向に応えて、自社で生産管理する野菜の供給力を高めると伝えている。

7&iHDの株価は14時41分現在3980円(△40円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)