安川電は第2四半期業績予想を増額修正、モーションコントロール事業など好調

 安川電機<6506.T>は18日、2014年3月期第2四半期(4~9月)の連結業績見通しの増額修正を発表した。第1四半期が円安効果に加え、ACサーボモーターやインバーターなどを扱うモーションコントロール事業を中心に需要は好調で、大幅な増収増益を記録したことから、第2四半期見通しの見直しを行った。
 具体的には、同期の売上高を従来見通しの1650億円を1760億円(前年同期比16.9%増)に見直したほか、経常利益は85億円を130億円(同2.04倍)、純利益は45億円を65億円(同85.8%増)に増額した。想定為替レートは1ドル=95円、1ユーロ=125円としている。14年3月期の業績見通しは据え置いた。
 同社の第1四半期(4~6月)の業績は売上高が前期比17.8%増の855億1800万円、経常利益が同3.3倍の66億2000万円、純利益は同3.7倍の33億7600万円だった。モーションコントロール事業では、ACサーボモーターが国内および中国で販売が堅調だったほか、インバーターは太陽光発電パワーコンディショナが順調に拡大した。ロボット事業も海外自動車向けに堅調だった。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)