19日の株式相場見通し=NY株上昇と円安背景に買い継続

 19日の東京株式市場は、前日のNY株上昇と外国為替市場での円安・ドル高進行や、外国人投資家による継続買い期待を手掛かりに、日経平均株価は続伸の可能性が高そうだ。
 18日の米国株式市場は続伸。NYダウ平均株価は、前日比78ドル高の1万5548ドルと、15日に付けた史上最高値を更新した。外国為替市場では、1ドル=100円台半ばと、円安方向での推移となっている。 
 市場関係者は「21日に参院選投開票を控えているものの、自民・公明の与党が過半数を獲得して、〝ねじれ国会〟が解消することが確実視され、それへの期待感があるため、19日は手仕舞い売りは出にくいのでは」としている。
 日程面では、5月の景気動向指数改定値、5月の全産業活動指数に注目。海外では、G20財務相・中央銀行総裁会議(モスクワ・~20日)が焦点となる。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)