【買い】日本電技 (1723)業績好調であり、株価割安=戸松信博

業績好調であり、株価割安
計装エンジニアリング大手。計装とはビルや工場の省エネルギー化・省力化・快適化を実現する技術。政府の住宅・ビル等、民生部門の省エネ推進の考え方と合致している銘柄であり、将来はスマートグリッド関連にも。

2013年3月期は売上が前年比4.5%増の217億8600万円、経常利益34.2%増の14億5200万円、純利益31.5%増の7億6600万円と大幅増益。利益拡大の要因は売上高の増加、原価低減努力となっています。

今期予想は売上3.3%増の225億円、経常利益10.5%減の13億円、純利益2.2%減の7億5000万円ですが、前期の事業別の受注と次期繰越工事高は、空調計装関連事業が8.7%増の193億200万円、1.1%増の84億2000万円、産業計装関連が14.6%増の29億100万円、41.6%増の11億1700万円と好調で、上方修正の可能性も十分あると思います。

仮に今期予想通りの業績であっても予想PERは9.1倍、前期実績PBRは0.51倍であり(それぞれ株価831円で計算)、割安感があります。