京写が6日続伸、プリント配線板復調で上放れ暗示

 京写<6837.T>が6日続伸。ここ小幅ながら上値慕いの動きが強まっており、チャートは上放れを暗示している。同社はプリント配線基板を手掛けるが、国内自動車メーカーの生産回復を追い風に高単価の両面基板が自動車向けに回復基調を強めている。また、海外輸出が売り上げの57%を占めるなど高いが、インドネシア工場での生産を強化するなど現地生産に注力、東南アジアの需要取り込みが早晩、業績に反映されそうだ。今3月期最終利益は5億円と前期比6割弱の増益を見込んでいる。

京写の株価は9時46分現在272円(△5円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)