フルキャストが急伸、7月初旬の戻り高値を意識する展開

 フルキャストホールディングス<4848.T>が急伸、全般波乱含みに値を下げる中にあって材料株特有の頑強ぶりを発揮、主力株が敬遠されるのを横目に短期資金の買いを集めている。
 アベノミクスによる景気回復で人材需要が喚起される方向にあり、これが同社の収益環境を後押ししている。6月末の株主を対象に1株を100株にする株式分割を実施したが、分割後実施後に特定資金の買い仕掛けに急騰。7月8日に264円の戻り高値をつけてからは調整していたが、目先売りが一巡し再び5日移動平均線の上に浮上、8日の高値払拭を指呼の間に捉えている。為替や金利、海外株式の動向など外部環境に左右されにくい点も強みだ。

フルキャストHDの株価は11時9分現在256円(△27円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)