ソニーが底堅い動き、中国が家庭用ゲーム機の輸入解禁との報道が下支え

 ソニー<6758.T>が底堅い動き。きょう付の日本経済新聞で、中国が家庭用ゲーム機とソフトの輸入・販売を解禁すると報じていることを受けて、日本のゲーム機メーカーにも恩恵が期待されており、「PS」シリーズを手掛ける同社にもビジネスチャンスの拡大を期待した買いが入っている。記事によると、まず上海市の自由貿易試験区で販売を認め、解禁する地域を段階的に広げる見込みとしている。4億人規模の若年層人口を抱える中国がゲーム機の販売を正式に認めることで、巨大な市場が誕生することになり、同社や任天堂<7974.T>などゲーム機を手掛ける銘柄には需要拡大の期待が膨らむ。

ソニーの株価は11時28分現在2190円(▼4円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)