スカイマークが小幅続伸、LCC対策の充実を材料視

 スカイマーク<9204.T>が小幅続伸。きょう付の日本経済新聞で、「格安航空会社(LCC)対策を充実する」と報じられたことを材料視した買いが一部入っている。記事によると、現行機を改良して、高級座席を備えた2クラス制の機材を14年末にも成田発着便などに投入する一方、LCCと競合する路線は減便するという。LCCの登場による競合激化でスカイマークは安さの魅力が薄れていることから、安値競争から距離を置き、サービスや路線展開で新機軸を早期に確立する方針のようだ。

スカイマークの株価は12時57分現在335円(△2円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)