アデランスが続伸、商い増を伴う上放れで思惑浮上

 アデランス<8170.T>が続伸。値動きの良さに注目した短期筋の買いを巻き込み、株価は5日移動平均線を足場に上放れの様相をみせている。同社が16日発表した13年3~5月期決算は、増収を確保したものの、宣伝・広告費や人件費などコスト増で営業利益が前年同期比39.6%減と大幅減益となったことから、いったんは売りに押される展開となった。ところが、その後は再び買い優勢となり上値指向に転じ、売買代金も継続的に膨らんでいることで市場筋の注目を誘っている。3~5月期は利益面では前年同期と比較して落ち込んだが、女性向けかつらの販売が好調に推移、4期ぶりに復配に転じた前13年2月期に続いて今期も増収増益で着地する公算が大きいとみられている。

アデランスの株価は13時37分現在1491円(△36円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)