週末の本邦参院選を前に動きづらい?

週末の本邦参院選を前に動きづらい?
本日の東京市場では、日経平均株価が一時15000円目前まで上昇すると100.80円台に値を上げるも、同株価が400円近い下げを記録すると99.80円台まで急反落。ただ、売り一巡後は100円台を回復するなど、値動きの荒い割には方向感が定まらない展開となった。

この後は主要国で目玉となる経済イベントを欠く中、ドル/円は手掛かり材料難により積極的な売買が手控えられる可能性がある。
週末の本邦参院選を前に様子見ムードとなるようだと、こう着感が強まりやすいと見る。