A&AMが動兆、建材事業好調、参院選自民圧勝でアベノミクスも意識

 エーアンドエーマテリアル<5391.T>が高い。低位材料株の出遅れとして市場筋の注目を集め始めている。参院選は与党が圧勝し、自民党は現行制度で過去最高の議席を確保するなど最高の形で「ねじれ国会」が解消、これにより公共投資拡大などアベノミクスの一層の進展が期待されている。そのなか同社は太平洋セメントが4割強の株式を保有する同グループ中核の一社。「国土強靭化」の政策恩恵が見込まれるなかで今3月期は建材事業が好調に推移しており、最終損益は黒字化が見込まれる。株価は一時6月19日以来の100円大台を回復した。

A&AMの株価は9時44分現在95円(△3円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)