ケネディクスが堅調、長期金利の低下トレンド受け

 ケネディクス<4321.T>に買い先行。アベノミクスの一環である金融緩和の流れを追い風に6月27日に311円で底を入れて以降、戻り足を鮮明としている。不動産関連株の動向と連動しやすい長期金利(10年物国債)は、足もと0.8%台攻防と下落含みで推移、これを横目にボラティリティの高い同社株には押し目買いが継続的に入っている。時価は500円台後半から600円台絡みの狭いボックス圏でもみ合っており、上放れのタイミングを意識させる。

ケネディクスの株価は10時14分現在575円(△6円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)