PLANTが堅調、立会外分売実施で流動性向上に期待

 PLANT<7646.T>が堅調。株価は一時、前週末比65円高の1099円まで買われている。同社は北陸、東海を中心にディスカウントストアを展開しているが、PER5倍、PBR0.8倍台という指標面からの割安さが際立っており、5日移動平均線を下支えに7月相場では一貫した上昇トレンドにある。そうした中、同社は19日に立会外分売を発表しており、9万株を7月26~31日に行う予定(分売値段は、分売実施日前日の終値もしくは最終気配値を基準として決定)。これによる流通株式の流動性向上への期待が。株価水準訂正の動きを増幅させている

PLANTの株価は10時40分現在1059円(△25円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)