任天堂が連日高値、「ピクミン3」への期待も高まる

 任天堂<7974.T>が続急伸、連日の年初来高値となっている。大証と東証の市場統合後には、日経平均など指数採用などへの期待から基調を強める展開となっており、19日付の日本経済新聞で中国が家庭用ゲーム機とソフトの輸入・販売を解禁すると報じられたことも、海外展開の事業展開への期待から関心を高める要因になっている。7月13日より発売されたWii U対応ソフト「ピクミン3」への期待も高まっており、ハードの普及を牽引するとの期待もある。

任天堂の株価は11時6分現在1万4130円(△620円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)