メタルアートが急反発、複合鍛造での高技術に関心

 メタルアート<5644.T>が急反発。東証への市場統合後となった16日以降は350円台での揉み合いとなっていたが、旧大証の主力株の一角が頑強な動きとなるなかで、熱間・冷間複合鍛造を世界に先駆けて開発、大手自動車メーカー向けに絶大な信頼を得ている同社の好実態を見直す動きとなっている。今3月期は通期連結営業利益で17億円(前期比7.0%増)の見通しで一株純資産615円60銭からも割安感は高い。

メタルアートの株価は11時14分現在379円(△28円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)