<後場の注目銘柄>=月島機械、アジアで上下水道案件開拓

 月島機械<6332.T>に注目。同社は上下水処理など水環境事業と化学向けなど産業プラントが2本柱。14年3月期の連結業績を、売上高770億円(前期比3.6%減)、営業利益50億円(同13.1%増)と微減収ながら2ケタの増益を見込む。

 さらに、16年3月期を最終年度とする中期経営計画を推進し、売上高は860億円、営業利益60億円を想定。具体的には、水環境事業で、汚泥燃料化システムのコストダウンによる競争力強化、次世代型汚泥焼却システムの拡販、アジア地域での上下水道インフラ案件の開拓を目指す。

 株価は、7月10日の大幅上昇後、1000円水準での小動きが続いており、一段高の可能性が高まっている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)