岡部が6月中間期業績見込みを上方修正、建設関連製品事業で高付加価値製品が好調

 岡部<5959.T>がこの日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(1~6月)連結業績について、従来予想の売上高276億2000万円、経常利益20億5000万円を上回り、売上高282億円(前期比9.0%増)、経常利益26億8000万円(同48.5%増)になりそうだとの上方修正を発表した。建設関連製品事業で工期短縮や省力化に寄与する高付加価値商品が好調に推移したことが売上高・利益を押し上げたことに加えて、自動車関連製品事業における生産・物流コストの削減なども利益の増額に貢献した。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)