メルコHDが第1四半期決算を発表、経常利益は2割強の大幅減益

 メルコホールディングス<6676.T>がこの日の取引終了後、第1四半期(4~6月)連結決算を発表しており、売上高247億5400万円(前年同期比3.4%減)、経常利益4億5500万円(同24.7%減)と2割強の減益を余儀なくされた。「ウィンドウズXP」のサポート終了に伴うパソコン本体の買い替え需要の増加で、パソコン用メモリーモジュールの追加購入需要が回復したものの、パソコン、デジタルテレビの需要減に伴う周辺機器市場の縮小に加えて、円安による原価上昇が利益を圧迫した。
 なお、14円3月期通期業績予想は売上高1050億円(前期比2.3%増)、経常利益34億円(同34.2%増)の従来予想を据え置いている。

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)