外国人投資家の買い姿勢強まり株価上昇期待

決められない政治からの脱却期待で株価上昇
参議院選挙で与党が過半数を占めたことで、外国人投資家による日本株買いがこれまで以上に強まる可能性が高い。外国人投資家が投資先で一番嫌うことは、「政治の混乱」ではなかろうか。外国人投資家から見たこれまでの日本は「経済は一流、政治は三流」といった印象だろう。それが今回の参議院選挙の結果を踏まえて「経済は一流、政治は二流」まで少なくとも印象はアップしているはずだ。

参議院選挙という大きなテーマが終了し、これまで様子を見ていた外国人投資家が日本株を買ってくる可能性が高いのではないだろうか。為替は円の信認が強まり短期的には円高傾向に進むと考えており、ここから買われやすい業種としては、建設、電力と言った内需関連銘柄だと考えています。