丸紅が反発、米ガビロンとの穀物事業戦略報道を材料視

 丸紅<8002.T>が反発。23日の日本経済新聞が「買収が完了した米穀物大手ガビロン(ネブラスカ州)と北米で集荷した穀物をアジアに大規模供給し、東南アジアでは配合飼料の生産にも乗り出す」と報じたことが材料視されている。米国には中東や北アフリカ向けを含め世界各地に輸出できるように輸出基地や船舶を確保し、穀物メジャー首位のカーギルに対抗すると伝えており、世界の穀物メジャーを目指す本格的な事業戦略へ期待が高まっている。

丸紅の株価は9時39分現在722円(△9円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)