銭高組は反落、日証金が22日付で貸株利用など貸借取引で注意喚起

 銭高組<1811.T>が反落。一時、前日比11円安の225円まで売られている。日証金が22日付で、銭高組株を貸株利用など貸借取引で注意喚起銘柄にすると発表したことが嫌気されている。信用取引規制の強化で売買の自由度が限定されるとの見方から売りが先行しているようだ。
 同社は7月16日の東証と大証の現物株市場の統合に伴い、元大証単独上場銘柄として、TOPIX(東証株価指数)などインデックス絡みの新たな買い入れ思惑を手掛かりとして買い進まれ、12日に170円台にあった株価が22日には一時、240円台までの急騰をみせていた。

銭高組の株価は9時53分現在229円(▼7円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)