井関農が続伸、23日よりの日本のTPP交渉参加で関心

 井関農機<6310.T>が続伸。15日からマレーシア東部のコタキナバルで開催されている環太平洋パートナーシップ協定(TPP)の第18回交渉会合に、この日23日から日本が参加することで、政府が重要政策のひとつとして掲げている農業技術輸出と国内農業強化に絡んで農業機械大手である同社も上昇基調が継続している。今回のTPP交渉で日本が参加できるのは著作権や模倣品取り締まりルールを議論する「知的財産」など6項目に限定されるが、最終日の25日には、日本からの質問に答える時間に充てられることなどが報じられており、農業分野の動向が注視される。東証2部では飼料系農機に強みを持つタカキタ<6325.T>も続伸となっている。

井関農機の株価は10時17分現在374円(△9円)
タカキタの株価は10時17分現在251円(△11円)

出所:株経通信(株式会社みんかぶ)